Open infrastructure, developer desktop and IoT are the focus for Ubuntu 19.04

18th April, 2019: Canonical today announced the release of Ubuntu 19.04, focused on open infrastructure deployments, the developer desktop, IoT, and cloud to edge software distribution. “The open-source-first on Ubuntu movement in telco, finance, and media has spread to other sectors. From the public cloud to the private data center to the edge appliance or […]

The post Open infrastructure, developer desktop and IoT are the focus for Ubuntu 19.04 appeared first on Ubuntu Blog.

MAAS – 中小企業向けの高速で効果的な仮想化

仮想化技術の登場により、私たちのITインフラの利用方法は大きく変化しました。理論的には、単一サーバーリソースを共有して複数の分散したオペレーティングシステムを稼働することで、柔軟性がもたらされ、オペレーションが容易になるはずです。しかし実際には、技術面での深い知識と広範なトレーニングを必要とする機能が多数あるため、仮想化インフラの管理はコストが高く、複雑です。特に、各所にインストールされた少数のサーバーで分散型インフラを管理する必要がある場合は、このような課題がより顕著になります。 ユースケースは多様であり、エンタープライズアプリケーション、コンテンツ配信から、POS(店舗販売時点情報管理)システム、共有ファイルシステムにまで及びます。企業は複雑な仮想化ソリューションによるオーバーヘッドと複雑さがユースケースで正当化できるのか、またすべてのオプション機能、プリスクリプティブアーキテクチャ、独自規格の機能、および機能別ライセンシングが本当に必要なのかを判断しなければなりません。 MAASは、KVM Podを使用することでこの問題を解消します。このソリューションにより、管理者は物理ホストを専用のハイパーバイザとして使い、複数のKVMベースの仮想マシンを迅速に作成できます。ワークロードの要件に基づき、インフラオペレータはCPU、RAM、ストレージなどのリソースを簡単に割り当てることができます。KVM PodはMAASが検出および設定するネットワーク環境を共有する専用のベアメタルサーバーと並行しての配置が可能であり、この機能はMAASによる物理インフラ管理の仕組みを拡張、補強するものです。 仮想マシンがオンデマンドで簡単に自動作成されるため、バックオフィスアプリケーションに必要なインフラを持つ企業は、実際のサーバーと同じ運用プロセスを活用できます。KVM Podは、ハイパーバイザ構成の複雑さを抽象化し、企業が必要とするときに最適な方法でリソースを提供する技術の好事例です。 KVM Podの詳細および中小企業ニーズに合った使用方法については、MAASの最新のリリース(maas.io)および KVM Podのチュートリアルをご参照ください。 詳細のお問い合わせ先

The post MAAS – 中小企業向けの高速で効果的な仮想化 appeared first on Ubuntu Blog.

On the Case – High Resource Usage

A customer recently submitted a case that Pedro Principeza, a Canonical Support Engineer, was able to solve using an interesting technique. Principeza was contacted to help pinpoint the processes that were generating a high rate of I/O operations, affecting server performance. Implementing a trace to pinpoint workload usage was the best solution, however, resources on […]

The post On the Case – High Resource Usage appeared first on Ubuntu Blog.

正しいLinux OSの選択によりIoT製品化までの時間を短縮

IoT産業の数十億ドル規模の将来性を見込んで、関連するハードウェア、ソフトウェア、およびソリューションが急増するなか、各ベンダーは開発から市場投入までの時間を早めようと苦悩しています。製品の市場への投入段階、あるいは最悪の場合投入後の問題を回避するためには、開発段階で最初から適切なインフラを選ぶなど、正しい選択をすることがより一層重要になります。 市場投入までの時間を短縮する一つの方法は、最初から正しいオペレーティングシステム(OS)を選択することです。これにより、製品を保守可能、か...

Visual Studio CodeがSnapとして登場

※本プレスリリースは2019年4月4日に英国ロンドンで発表したプレスリリースの日本語訳です。 本日より、Microsoft Visual Studio CodeがSnapとしてLinuxで利用可能になります。これにより、ユーザはシームレスな自動更新を利用できます。無料の軽量コードエディターであるVisual Studio Codeは、モダンウェブおよびクラウドアプリケーション開発用に再定義されたエディターで構成され、さまざまな言語およびフレームワークに対応するデバッグ、タスク実行、お...

Visual Studio Code launches as a snap

4th  April 2019, London, UK – As of today, Microsoft Visual Studio Code is available for Linux as a snap, providing seamless auto-updates for its users. Visual Studio Code, a free, lightweight code editor, has redefined editors for building modern web and cloud applications, with built-in support for debugging, task running, and version control for […]

The post Visual Studio Code launches as a snap appeared first on Ubuntu Blog.

AWS IoT Greengrass released as a snap

Canonical and AWS are excited to announce the public release of AWS IoT Greengrass as a snap. AWS IoT Greengrass is software that brings local compute, messaging, data caching, sync, and ML inference capabilities to your IoT device. IoT and embedded developers can now easily install and get started with IoT Greengrass in seconds on […]

The post AWS IoT Greengrass released as a snap appeared first on Ubuntu Blog.